【悲報】ペニスを大きくしたら中折れしてしまった件について【原因と対策】

公開日:2015.08.28

更新日:

水道が中折れしたペニスに見える

「せっかくペニスを大きくしたのに性行為ができなくなった。」

ある日お問合せメールにこのような相談メールが届きました。実はペニスを増大させているとたまに「中折れ」をする人が一定数存在します。

実は管理人も一度経験しており、当時は本気で悩みましたね。だって、せっかくサイズを大きくしても使い物にならないなら意味がないじゃないですか!

今回はそんな男の敵「中折れ」を撲滅できるような情報をまとめてみました。

そもそも中折れって何?

中折れとは性行為の途中でペニスがフニャフニャに萎えて硬さが失われてしまうことを言います。

当然、硬さが失われるのでそれ以降の行為が出来なくなってしまいます。もし中折れが続くようならEDに分類されてしまいます。

中折れを経験している男性は50代の男性で70%の人が経験しているようですが、それを「加齢の結果」だと受け止めており、精力剤の使用や病院での相談を行う人は少ないです。

繰り返しになりますが、長期間の中折れはEDです。年齢や体調のせいにせず、しっかり対応を行いましょう。

中折れはなぜ起きる?原因は何?

中折れは「身体の問題」と「心の問題」のどちらか、もしくは両方に原因があります。

身体の問題

身体機能のどこかに異常がある場合、いくら感情が高ぶってもペニスが硬くなりません

圧倒的に多い原因とは「疲れ」や「老化」ですね。ペニスを硬くし続けるのは身体にとってかなりの負担なので、体力がないとすぐにショボーンな状態になります。

また、騎乗位を始めとした男性が下になる体位はペニスに血が貯まりにくいので硬さが失われがちです。硬さが足りないという人は騎乗位は避けたほうがいいですね。

心の問題

身体のどこにも異常がないのに立たないという場合は「心」に原因があるかもしれません。

ただ、「マツコデラックス」みたいな女性に迫られて立たなかったという場合は正常な反応ですので問題がありません。

主な心の原因で多いのが「妻(彼女)にだけ立たない」「妻(彼女)にだけ勃起する」「女性全員ダメ」という事例ですね。

このうち「妻(彼女)にだけ勃起する」というのは奥さんにとって最高の褒め言葉です。そのままでいてあげてください。

問題なのは「妻にだけ立たない」「女性全員NG」という場合です。

精力剤やED治療薬等で無理やり勃起させることは可能ですが、そうやって無理やり勃起させての性行為は男性にとってかなりの苦痛です。ですので、多くの場合は「なぜ女性に興奮しなくなったのか」を突き止め、それを改善することが必要になってきます。

一般的な治療方法を少し紹介します。

「妻にだけ興奮しなくなった男性」の場合、その多くが妻の加齢だで魅力を失ったり、妻を女性として見れなくなったというケースが大半です。日頃から手を握ったり会話を増やす。妻は少し美容に気を遣うなどの対応が必要になります。

「女性全員NG」の場合、心のどこかで女性そのものに拒絶心があったり、エロゲーやエロ漫画の読みすぎで三次元の女性そのものに興味がなくなくなったケースが多いです。その場合は、少しずつ女性に対してのコンプレックスを取り除き三次元の女性に興味を持つような環境を作ることが大切になってきます。

ペニスを増大しつつ中折れを防ぐ方法は?

長くなりましたが、今回の本題である「どうすれば中折れが起きずに済むのか」について説明します。

結論から言えば、「チントレ」「ポンプ」と「精力剤」の併用こそが最もかつ確実な中折れ回避方法ですね。

ペニスを増大することは、今まで短小だったペニスに対してもっと血を送り込めるようにすることでもあります。

ですがポンプやチントレだけしかしていないという人は、「風船は大きくしたのに肝心の空気は今までのまま」と全く同じです。

うまいたとえ話が思い浮かばなくて申し訳ありません。外側だけ大きくしても中身の量が変わらないと意味がないどころか硬さが失われるということがわかっていただけたら幸いです。

精力剤はペニスに血を流す効果があります。その為、ペニスが大きくなっても十分な硬さを維持できるだけの血液を確保することが可能です。

人によっては身体の血液が足りなくなって貧血になるということも考えられますので、レバーを始めとした食品もセットで食べることをお勧めします。