チントレと増大サプリを併用すると大変な事になるらしい!?

公開日:2015.01.22

更新日:

驚いて目を見開く猫

チントレは、ペニスサイズの増大を志す人なら一度は目にしたことのある手法だと思います。しかし、それらの情報を参考にしつつ実践して、なおかつ3日以上継続したことのある人は、本当にごくわずかだと思います。

チントレに対して「本当に増大するのか?」と疑ってる人もいれば、「めんどくさい」と感じる人もいると思いますが、先に言っておくとチントレの効果は抜群です。特に、ペニスサイズ増大サプリと併用することにより、結果が大きく変わってくるのでぜひとも実践してみて頂きたいですね。

ちなみに、この記事で紹介してるチントレ情報だけで十分な結果は得られるはずなので、ネット上に転がってる怪しいマニュアルなどを購入する全く必要ありません(笑。

チントレする前に必ずやるべきこと

兎にも角にも、まずは「チントレしよう!」というやる気が絶対的に必要となります。そのやる気がないとモチベーションの維持が非常に難しくなり、実践できたとしても継続なんて絶対に不可能と言えます。

そうならないためにも、チントレをする必要性や目的を改めて考えてみましょう。厳しいようですが、チントレを1日だけやっても無意味ですので、まずは本当にやるべきか、その理由を明確にする必要があります。

「パートナーを満足させたい」「恥ずかしい思いをしたくない」「男として本能的に大きくしたい」など理由はなんでも構いません。ただ、誰かのためを想ってチントレに臨むと継続力は格段に高くなります。

効果的なチントレ法

気持ちを改めたところで、早速チントレの方法をご紹介していきます。覚えておいていただきたいのは、仮に1日2日で断念してしまっても、落ち込まずに何度もトライすることです。自分の意思をブレずに貫き通すということは、一種の才能ですからね。大事なのは失敗してもまた立ち上がることなのです。

ちなみに、チントレは自室で行ってもいいですが、絶好のタイミングは「お風呂の時間」です。ペニスを含め全身の血流が促進されて、チントレの際に有用とされるホットタオルが不要になりますし、何よりも「入浴するだけ」の時間を有効活用でき、人にも見られる心配がありませんからね。

基本的なチントレ(別名:引っ張り)

まずはペニスを長くする方法のオーソドックスなチントレ、「引っ張り」から説明します。

やり方は簡単。平常時の状態でペニスの先端を握って上下左右前へ引っ張るという行為をくりかえるだけです。ただし、これを勃起時にしてしまうと、射精してしまう可能性があるので、オナ禁をしている人は注意してください。

また、このトレーニングを行うと勃起力が低下する危険性があります。ですので、勃起力を鍛える次のトレーニングとセットで行うことがお約束となっています。

包茎の人は十中八九皮が伸びます。必要な代償だと思って諦めてください。

PC筋を鍛える!(ケーゲル運動)

PC筋ってどこの筋肉?」と疑問に思った方は、手を使わずにペニスを動かそうとしてみてください。かなりざっくりですがペニスを動かした際に使われてるその筋肉こそがPC筋です。

基本的に排尿などに関わってくる筋肉の総称なのですが、これを説明しだすと専門的になりすぎて長くなるので、詳しくは各自調べて下さい。

で、PC筋を効率よくかつ分かりやすく鍛える方法は、「肛門に力を入れる」です。具体的には5秒間肛門に力をいれて、5秒間肛門の力を抜く、これを1日10回×4セット行いましょう。

ポイントは腹筋や腕立てといった筋トレと同じようにゆっくりやることです。肛門の力を抜くときは5秒間かけてもとの状態に戻すのが理想的というわけです。

4セットは朝、昼、晩、就寝前と時間を空けるのが理想ですが、「面倒だ!」と感じる方は1度に行っても大丈夫です。まずは、無理なく継続できる自分なりのやりやすい方法を模索してみましょう。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)のトレーニング!

チントレと言っても直接ペニスを鍛えることはせず、それらを支える筋肉、特に下半身の筋トレをすることでおのずと勃起力が高まり、サイズアップも見込めます。

次に紹介する「大腿四頭筋」というのは、太ももの正面部分にある筋肉で、膝を曲げたり、歩く・走るなどの運動時に必要となる筋肉です。ここを鍛えることで下半身の筋肉量が増え、海綿体にも流れ込む血液が増え勃起力を高めることが可能になるというわけです。

最も有効的なトレーニング方法は、他の下半身の筋肉も同時に鍛えられる「スクワット」がオススメなのですが・・・正直だるいですよね。

なので、本来は膝が悪い人などがに行う「座ったまま大腿四頭筋を鍛える方法」をご紹介します。正式名称は「レッグエクステンション」というウエイトトレーニングの種目の一つなのですが、それの簡易版です。

やり方は単純で、深く椅子に座り、前方に膝を曲げて上下させるだけです。足先にダンベルなどの「おもり」を乗っけていればなおよいです。

これを各15回×2~3セット行いましょう。ポイントは足を上下させる際はゆっくり動かすのと、背筋をしっかり伸ばした状態で行うことです。最も大切なのは、大腿四頭筋が使われていることを意識することですかね。

シカ気功法!

シカ気功法とはしるしとぞ知るごく一部のペニシストのみが行っているトレーニング方法です。

このトレーニング方法は本来中国の気功を由来とする由緒正しいトレーニング方法で、ペニスサイスだけでなく精力増強・勃起時の硬さをガチガチにするといった効果があります。

やり方を説明するのは少し大変なので、箇条書きで説明させていただきますね。

  1. 体を仰向けにして寝ます
  2. 手でペニスを擦り、手とペニスを温めます(射精はしないように)
  3. 右手で両袋の玉を握り、軽くキュッと握ります
  4. 左手の付け根をヘソの3cm下に置き、手のひらをそのまままっすぐ恥骨の上に置きます。
  5. 手のひらにグッっと力を入れて恥骨を押し、丸を81回書いてください。(80回ではダメです)
  6. 81回丸を書いたら次は逆の手で同じような運動を行います。
  7. 両手が終わったら、PC筋を鍛えるケーゲル運動を行います。

この運動ではペニスはほとんど触りません。
ですがペニス周りの血管の動きを改善することで、自然とペニスに血が流れやすく、かつ貯めやすくなるので硬さと長さを手に入れることができるのです。

チントレに無理は禁物

世に出回ってるチントレの方法は多種多様ですが、ペニス自体を圧迫したり、引っ張ったりするなどして負荷をかけたりする、いうなれば「痛み」を伴う方法というのはオススメしません

一般的に知られてる身体の筋トレは、「筋繊維」に高負荷をかけて損傷させた後、時間経過により筋繊維が回復する過程で、更なる高負荷に耐えられるようより強く・太くなるという原理を利用していますが、ペニスそのものにある筋肉は鍛えることの出来ない平滑筋なので、そういった筋トレは応用できません。

人間にとってペニスはデリケートな部位なので、痛めつけたりせず優しく大切に扱ってあげましょう。

チントレとサイズアップサプリとの関係

本気でペニス増大したい考えてる方は、サイズアップサプリを使うだけでなく、上記のような「チントレ」を欠かさずを行うようにしましょう。

サプリというのは、確かに体内環境を変えて増大したり、勃起力を高めたりすることが可能なのですが、あくまでサポート役として存在します。サイズアップしやすい体質を作るために飲む、という捉え方が最も適切かもしれません。

少なくとも、サプリだけでサイズアップを考えているのであれば、「高級な高品質サプリ」か「最も相性のよいサプリ」に出会わないと難しいかも知れません。

逆に、チントレを併用することで、至って普通のサイズアップサプリでもポテンシャルを120%引き出すことが可能になるというわけです。

やるとやらないとでは結果が大きく違ってきます。騙されたと思ってぜひトライしてみてください。

チントレと最も相性のいいペニスサプリはこれ!

ヴィトックスαの本体パッケージ
販売元
MEN LABO
商品名
ヴィトックスα EXTRA Edition
価格
12,800円(税抜)

チントレだけでもサイズアップはできますが、サポートとしてサプリメントを飲むことがペニス増大の最大の近道です。

しかし、最も相性のいいサプリメントに出会える可能性はかなり低いです。

そこで管理人が最もおすすめしたいのが「ヴィトックスα」!これは管理人が実際に試してペニスが大きくなったサプリメントです。

公式サイトを見るとごく普通のよくある精力剤サプリのようですが、某掲示板でも一時大きな話題にもなりました。ぜひチントレとセットで使ってみてはいかがでしょうか?