亀頭増大手術(きとうぞうだいしゅじゅつ)の危険性について

公開日:2015.01.19

更新日:

DANGERと書かれたドクロのマーク

2016年6月23日に消費者庁からペニス増大手術に関する注意勧告が公表(包茎手術含む)されました。この件に関してのはきわめて大切な情報ですので、ぜひ一度目を通していただけたらと思います。

今すぐ確認する>>

亀頭増大手術とは、その名の通りペニス全体ではなく亀頭部分の強化に絞った手術方法で、亀頭全体やカリ部分を硬く大きくすることが可能になります。

病院によって施術法がいくつかありますが、簡単なものだと注射1本で簡単に亀頭増大することができ、時間も10分程度で済むので、本格的なペニス増大手術より人気があるように見受けられます。

しかし、亀頭増大手術は絶対に安全というわけではなく多少のリスクがあり、簡単な施術法だと一時的な効果しか得られないこともあるので、しっかりと知識をつけたうえで決断することをオススメします。

亀頭増大手術のメリットについて

まずは、亀頭が大きくなることでどういったメリットがあるのかざっくりと挙げてみます。

  • 純粋にペニスの見た目が良くなる。
  • 女性により強い刺激を与えることが出来る。
  • 早漏防止が期待できる。
  • 仮性包茎も治すことが出来る。

とりあえず先細り・ドリル型のペニスでお困りの方や、仮性包茎の人は亀頭増大手術を受けることを強くオススメします。仮性包茎ならまだしも、先細りペニスなどはサプリを使っても100%改善することが難しいですからね。

また、「ペニスの見た目」を気にする女性も多く、亀頭を大きくすることでペニス全体のバランスを整えて見栄えを良くすることが出来ます。

ちなみに早漏というのは様々な原因があり、単純に「亀頭への刺激に弱く、敏感だから」という理由もあります。そうだった場合、亀頭増大手術により刺激に対して鈍感になるので、早漏防止が期待できます。ただ、精神面が原因となっている早漏だった場合は、亀頭を大きくしても無意味なので間違えてしまわないよう注意が必要ですね。

亀頭増大手術のデメリットや副作用について

まず最初にあげられるデメリットとしては、永久的に効果が持続しないことがありますね。

最もポピュラーな注射による増大手術で、打つものが「ヒアルロン酸」だった場合は半年から長くても1年経てば元に戻ってしまいます。ちなみにヒアルロン酸注射の相場は1回10万円以上になるので、これを安いと捉えるか高いと捉えるかは人それぞれということになりますね。

また、2人に1人という高確率で内出血を伴う可能性があり、ひどい場合は「痕」が数週間以上残ることにもなります。さらに手術後は数日間アルコールを断つ必要があったり、重労働のような運動は1週間ほど避ける必要もあります。

手術時は局地麻酔をするクリニックがほとんどですが、亀頭部分は繊細な部位のため人によって痛みを感じたり、施術後、亀頭部分に違和感を感じる方も多いようです。もちろん、増大効果とは別に腫れる可能性もあるので、絶対安全ではないということだけ覚えておきましょう。

亀頭を含むペニス増大手術に関する国からの注意勧告

ペニス増大に関するトラブルの年代別グラフ
データ名
ペニス増大手術に関する相談件数
最も多い年代
20代
データ元
国民生活センター

2016年6月23日、消費者庁より包茎を含むペニスや亀頭増大手術に関する問題点を公表しました。その内容は以下の通りです。(強調部分は管理人がつけました)

美容医療サービスには女性からの相談が多くみられますが、他方、過去5年度分の契約当事者男性の相談件数2,131件をみると、包茎手術(注4)に関する相談が1,092件と半数以上を占めており、大きな減少はみられません(2016年5月27日までの登録分)。危害事例には手術後の痛みがひどい、機能障害など後遺症が生じたという相談もみられるほか、学術雑誌には、包茎手術を受けた後、縫合不全で尿道欠損し、尿道再建した症例も紹介されています。

(注4)本報告において「包茎手術」とよぶ手術には、包茎手術の際に男性器増大もしくは長茎手術を併せて受けたものを含む。

引用:国民生活センター「美容医療サービスにみる包茎手術の問題点

雑誌やインターネット等でペニス増大手術や包茎手術のことについて知り、実際に手術したところ、ペニスに大きな障害を負ったという人が毎年1000人程度して、全く減少していないとのこと。

また、金銭トラブルなども発生しているようです。

広告や公式サイトでは「7万程度でペニスが大きくなり包茎も解消する」と書いているにも関わらず、実際に病院へ行くと80~200万もしたとのこと。しかもペニスの調子が悪くなったから病院へ行くと一部が壊死したり、感覚がなくなってしまったというケースが殆どのようですね。

せっかくペニスを大きくしても、そのペニスが使い物にならないなんてお話しになりませんよね。

ペニスに関わる被害者の多くは20代です。これはペニスにことに関して一番気にする年代であり、まだまだ社会経験や自己判断が未熟だからという事が理由でしょう。

悪質な病院・クリニックやヤブ医者の見分け方

ではそんな医師や病院の見分け方は何かないのでしょうか?

悪徳病院は「早く騙して金を手に入れよう」と考える為、「即契約・即手術」をしようとします。本来ならよほどの緊急性がない限り即日手術を行うことはないので、このようなことを言う医師は99%ヤブ医者です。(※カントン包茎かつ、痛みや青く変色している場合は除く)

同時に「事前にネットなどで書かれている金額より明らかに多い」場合はその場で返事を絶対にせず、信頼できる人に相談をしましょう。もっとも、50万以上するペニスの手術なんてまずないですけどね。

手術の為の十分な説明がなされていない場合や、コラーゲン、ヒアルロン酸、ポリアクリルアミド等をペニスに抽出して半永久的に大きくすると説明してくるケースもあります。

亀頭増大手術のデメリットや副作用について」で説明した通り、これらは長くても一年で元のサイズに戻ります。半永久的に残るタイプはペニスの血管を詰まらせる「塞栓症」の原因になります。このようなことを言う医者は絶対に信用してはいけません。

結論をいうと、カントン包茎以外でペニス増大手術は行わないほうがいいということです。

もしトラブルに見舞われた方は消費生活センターへ相談しましょう。そうしなければあなただけでなく他の人にも被害が増えます。

安全に亀頭増大を行う方法

ではどのようにすれば安全に亀頭増大を行うことができるのでしょうか?

それは亀頭増大専用のチントレと増大サプリをセットで行う方法です。チントレとは「ペニストレーニング」の略で、ペニスのサイズや大きさ、硬さを鍛える為のトレーニングのことです。

亀頭増大手術を始めとした手術は国が注意勧告を行うほどかなり危険です。

ですがチントレと増大サプリのセットはトレーニングなので副作用を始めとしたリスクはありません