【第一次性徴】子供ちんこが大人ペニスになるまで【第二次性徴】

公開日:

硬くて立派な殻で覆われたポケットのなかにいるモンスター

人は成長します。

最初はたった50cmしかなかった身長が、たった10年で140cm、17歳になる頃には多くの人が170cmを超えています。

特にその成長スピードは第二次成長期で加速的に伸びていきます。管理人も第二次成長期の3年間で20cm以上伸びましたね。

ペニスもこれと同じです。最初はピーナツほどのサイズだった子供ちんこも17歳になる頃には大人と変わらないペニスに変貌。その姿は小さな芋虫が硬い殻で覆われたサナギへと進化する姿を彷彿させます。

そんなペニスの成長具合と、その時何が起きているのかといった生物学的な話について調べてみましょう。

第一次性徴~ペニスサイズの決定はお腹の中で起きている~

第二次成長期という言葉を学校で習ったと思います。女性なら中学生、男性なら高校生頃に起きる大きな体の変化のことをそう総称しています。ですが、この「成長期」という言葉、生物学的には間違っているのです。

正しい表記は「性徴」。ようは「性的なしるし(徴)」が発達することを言い、この時期にペニスが大きく発達されるのです。

性徴期は大きく分けて2つ、第一次と第二次が存在。第二次成長期は中学から高校で経験しているので覚えている人も多いでしょうが、第一次のことを覚えている人はいないと思います。いったいどの時期が第一次性徴期なのでしょうか?

覚えていないということは相当昔ということですよね。では3歳ごろ?いいえ違います。

実はお母さんのおなかの中にいた頃が第一次性徴期になるのです。
ペニスサイズはお腹の中である程度決定されていたんだよ!(なんだってー)

第一次性徴期では、「ペニスそのものの形成」が行われています。お母さんが体の中で男性ホルモンを分泌。その働きによって赤ちゃんにおちんちんが形成されていくのですよ。

もしこれを読まれているお母さんがいましたら、赤ちゃんの為にガンガン男性ホルモンを分泌させてくださいね。

ミクロペニス~男性ホルモンが不足したおちんちん~

ではこのとき十分な男性ホルモンが分泌されなかったら?

十分に成長できなかったおちんちんのことを「ミクロペニス」と言います。このミクロペニスは3.5cm以下のペニスのことを言い、治療対象となっております。

なぜ男性ホルモンが不足するのか?

主な原因としては「体質」もしくは「妊娠期間中に男性ホルモンを阻害する成分を摂取した」ですね。

ただ、体質が原因なのは非常に稀であり、実際は阻害成分を摂取した事例が殆ど

近年では男性ホルモンを阻害する成分を含んだ成分を多く含む食品が増えてきております。出来るだけジャンクフードは摂取しないほうがいいでしょう。

また、育毛剤はその性質上、男性ホルモンの働きを抑える成分が多く配合されています。妊娠時は育毛剤の使用もやめたほうがいいですよ。

肝心の治療方法はあるのか?ペニス増大サプリに頼るしかないのか?

浜松医科大学の小児科では、ミクロペニスの治療に男性ホルモンを投与しているようです。

「ペニスは男性ホルモンで成長する。だから男性ホルモンを増やせばペニスも大きくなる」とのこと。若い頃に投与を行うと副作用もほぼ心配がないそうです。

男性ホルモンは優秀ですね。

1歳児以降~ちんちんいじりで包茎卒業~

無事に成長して「おぎゃー」と生まれたあとも、3か月くらいまでは性徴が続きます。ですがここでいったんペニスの成長は打ち止め。人の成長によって若干の変動はあるものの、基本サイズはほぼ変わりません。

2~3歳頃になるとちんちんをイジって遊んだりする年頃。性的な気持ちはなくても、触ることで性的刺激が加わり勃起も起きます。

このとき、しっかり勃起されると皮をかぶったちんちんが少しずつ剥けることが可能になっていきますよ。逆に親が無理やりやめさせると剥けなくなって包茎のまま、という可能性もでてくるので注意。

勃起を繰り返すので太さや硬さにも関わってくる可能性も否定できません。いずれにしても、この頃のちんちんいじりは男の成長にとって大切な儀式ですよ。

第二次性徴~ペニスが最も成長する時期~

中学生を迎えるころになると第二次成長(性徴)期に突入します。最も体やちんこが成長する頃ですね。

心理的には思春期でもありますが、医学的には「思春期の始まりは第二次性徴の始まりでもある」とのこと。

意外に思うかもしれませんが、第二次性徴で一番最初に成長するのはゴールデンボール、つまり「睾丸」です。

今まではちっちゃいピンポン玉だったものが、成長ホルモンにより肥大化。二周りほど成長します。睾丸は男性ホルモンを作る役目があるので最初に成長したのでしょう。

睾丸の成長がある程度進んだら、次はちんこのサイズが大きくなっていきます。

この時、どうやればペニスサイズを人より大きくできるのでしょうか?

その答えはやはり男性ホルモンですね。

第一次性徴の時に、十分に男性ホルモンを浴びることができずにミクロペニスになった子供の治療方法は男性ホルモンの再投与と説明しました。

第二次性徴のペニス増大もそれとまったく同じ。前回と違うのは男性ホルモンを作るのは自分の黄金の玉ということです。

子供だった小さなちんこは睾丸からの強力な男性ホルモンによって大人のペニスへと進化。例えるならポケ●ンのビー●ルがコク●ンへと変貌するようなもの。

たった数か月で大人のソレと見分けがつかなくなってしまいます。

では男性ホルモンをどうやって増加させるのか?

その基本は「寝る・食う・遊ぶ」です。

第二次性徴でのペニス増大方法その1:しっかり寝る!

寝る子は育つとよくいいます。

それはペニスも同じ。男性ホルモンは十分な睡眠を取っていないと分泌量が少なくなってしまいます。特に第二次性徴での睡眠不足は致命的!

例えば、睡眠不足になると男性ホルモンが20%減少すると仮定します(減少量はその人の体質によってかわります)。通常時に男性ホルモンを100ほど分泌するなら減少量は20ですよね?

では成長期での男性ホルモンの分泌量が500だったとします。減少量はいくつになりますか?

500×0.2=100も男性ホルモンが減少してしまいます。この例だと通常時まるまる1日分が失われていますね。

しかも、男性ホルモンだけでなく成長ホルモンも減少しますので、中学・高校時代に夜更かしばっかりしていると「チビ」で「短小」な男に・・・。

このサイトを読んでいる中学・高校生の諸君は立派なペニスの為に早く寝ましょう!

第二次性徴でのペニス増大方法その2:良いもの食え!

人は食べないと生きていけませんし、食べた物によってその身体は大きく変化していきます。

ハンバーガーやバターを油で揚げたようなものを毎日食べればアメリカ人のように驚異的なデブになりますし、日本食ばかり食べると持久力はあるが身長が低い人間になります。

もしこの時十分な栄養を摂取できなかったら・・・?
きっと睡眠不足と同じようにチビで短小な男になる可能性が高いですね。

ではペニス増大に役立つ栄養素とは一体何でしょうか?

最も役立つものが「アルギニン」と「シトルリン」

アルギニンは準必須アミノ酸という栄養素。成長期において人の成長を最も促してくれるので、成長期の人にとっていくらあっても足りない成分です。

シトルリンは体の中に入るとアルギニンに変化する成分であり、副作用もあまり見られないという優秀な栄養素になります。

成長期にアルギニンが豊富だと、それを利用して成長ホルモンが大量に分泌。その結果、体中がより成長しようと進化していくのです!

副産物として身長もグングン伸びるというメリットもありますね。

高身長は女にモテる為に必要な要素。正直、牛乳なんかよりもよっぽど効果がありますよ。(日本人と牛乳は相性が最悪で、あまりその効果を実感できないようです。)

最近は子供の成長を促進させるためのアルギニンサプリメントも販売しておりますね。

ただ、そういったサプリメントの多くは生のままであり、お腹を壊しやすいという欠点があります。ペニス増大が可能なサプリメントの場合、その点を考慮した設計しつつ、ペニスを増大させる仕組みになっていまので管理人的にはそちらのほうがおすすめですね。

第二次性徴でのペニス増大方法その3:遊んで勝て!

男性ホルモンを一番多く分泌させるのは睾丸です。

ではその睾丸が一番男性ホルモンを分泌させる状況はどういうときだと思いますか?

正解は「セックス」「スポーツで勝利した時」です。

男性は人間がまだウホウホ言ってた時代からマンモスやイノシシといった猛獣とバトルをしてきました。命と命のぶつかり合いに勝利した時、男は喜びの雄たけびをあげ勝利に酔いしれます。

勝利に喜び酔いしれているその時、身体の中では睾丸から男性ホルモンを分泌。その分泌量に応じてペニスや筋肉が更に発達するのです。ドラクエで経験値が入るようなものですね(テレレレレッテッテー)。

巨根でも有名なイチロー選手が巨根なのは生まれつきではなく、人以上に負けず嫌いであり、数々の試合で勝利してはその喜びを素直に喜んだから。

もし彼がスポーツをせずに普通の人だったなら、あんなに大きなペニスになっていないでしょうね。

つまり負けず嫌いなマンガやアニメのキャラの殆どが巨根。

なお、男性ホルモンの分泌は別にスポーツじゃなくてもいいです。素直に喜べるなら囲碁でもポケモンでもネトゲもなんでもいいのですよ。

ただ、ペニスに関わらず身体を発達させるには適度に運動が必要なので、可能ならスポーツがベストなだけです。

これは余談なのですが、男性ホルモンは女性も分泌しています。女性が男性ホルモンを作るのは卵巣ですね。

女性もたくさんスポーツで勝利しそれに対して喜べば男性ホルモンがいっぱい分泌されます。一流の女性スポーツ選手の顔を見ると多くの人が・・・(この後の文はアルソ●クによって潰されました)

大学卒業後~過酷なトレーニング時代~

第二次性徴は高校を卒業するころには既に終わっていますが、身体の成長は大学生の終わり(22歳)まで続きます。それと同時にペニスの増大も止まっていきます

では大学卒業以降ではペニスの増大はできないのか?

別にそんなことはありません。

先ほど述べた通り、ペニスの増大に大切なのはアルギニン(シトルリン)と勝った時の喜びです。

今後はそれプラス「チントレ」と呼ばれるペニスの増大トレーニングも入ってきますね。

チントレとは「ちんこトレーニング」の略称であり、ペニスを長く・太く・硬くするためのトレーニング方法。詳しくはチントレと増大サプリを併用すると大変な事になるらしい!?にて解説しているのでそちをご覧ください。

最も伸びる期間は過ぎたものの、人の身体にはしっかりと成長・強化を促進させるホルモンはずっと出続けます。

昔の管理人のようにペニスサイズで悩んでいる人がいましたら、ぜひチントレやペニス増大サプリを試しつつ、人と競うスポーツをやってみてください。

適切な運等とトレーニング、そしてサプリメントがあなたの男性ホルモンの分泌を促進、ズッシリとしたペニスへと進化していきますよ。